経営と人材をつなげるビジネスメディア

MENU CLOSE
0 20240514175103 column_knowhow c_internshipc_researchreportc_gakuseiresearchc_shinsotsusaiyoauthor_organization_mynavi_hrresearch

4月時点でのインターンシップ・仕事体験参加率は18.3%/2026年卒 大学生インターンシップ・就職活動準備実態調査(4月)

/news/news_file/file/thumbnail_student_1.png 1

4月時点でこれまでのインターンシップ・仕事体験参加率は18.3%


26年卒学生の4月単月のインターンシップ・仕事体験への参加割合は9.3%【図1】、また4月時点でのこれまでの累計インターンシップ・仕事体験への参加割合は18.3%となった。【図2】4月時点での参加率を調査するのは今年(26年卒)が初ながら、2割近い学生が参加経験を持つなど、インターンシップ・仕事体験への参加に対して積極的な姿勢がうかがえる。
【図1】今月のインターンシップ・仕事体験への参加状況
【図2】これまでのインターンシップ・仕事体験への参加状況

インターンシップ・仕事体験の応募時に感じる不安では「スケジュール調整」「プログラム・内容」のほか「選考対策がうまくできるか」「競争倍率の高いインターンシップに参加できるか」なども高い割合に。


インターンシップ・仕事体験への応募に際してどのような不安があるかを聞いたところ、最も多かったのは「スケジュールの調整ができるかどうか」(58.2%)であった。2番目に多かったのは今年から新たに選択肢として追加した「選考対策がうまくできるかどうか(自己PRや適性検査・筆記試験など)」(53.8%)となり、同じく今年から追加した選択肢「人気があり競争倍率の高いインターンシップに参加できるかどうか」(40.9%)と合わせて、選考やプログラムの競争倍率などへ不安を示す項目も回答が多くなった。
【図3】インターンシップ・仕事体験への応募に際して不安なこと
調査名 マイナビ 2026年卒大学生インターンシップ・就職活動準備実態調査(4月)
調査期間 2024年4月20日~4月30日
調査対象 マイナビ2026会員のうち「2026年春」に卒業予定の大学生・大学院生
調査方法 マイナビ2026会員にメール告知・WEBフォームにて回答
有効回答数 5,327名

学生の属性データ<文理男女別>

有効回答数内訳 文系男子 文系女子 理系男子 理系女子 総計
人数 780 2,264 1,152 1,131 5,327
本リリースに関するお問合せ
株式会社マイナビ 社長室 広報部
TEL:03-6267-4155
Email:koho@mynavi.jp
本調査に関するお問合せ
株式会社マイナビ 社長室 キャリアリサーチ統括部
メールアドレス:myrm@mynavi.jp
  • Organization 株式会社マイナビ 社長室 キャリアリサーチ統括部

    株式会社マイナビ 社長室 キャリアリサーチ統括部

    雇用や労働に関連する様々な調査データやレポートを通じて、雇用の在り方や個人のキャリアを考える上で役立つ情報を発信します。

  • 調査・データ 更新日:2024/05/17
  • いま注目のテーマ

RECOMMENDED

  • ログイン

    ログインすると、採用に便利な資料をご覧いただけます。

    ログイン
  • 新規会員登録

    会員登録がまだの方はこちら。

    新規会員登録

関連記事