経営と人材をつなげるビジネスメディア

MENU CLOSE
0 20240112175759 column_knowhow c_careerkyouikuc_researchreportc_gakuseiresearchauthor_organization_mynavi_hrresearch

「これだというものに出会えていない」、約6割の大学1・2年生がキャリアの方向性を決めていない現状/大学生低学年のキャリア意識調査(26・27年卒対象)

/news/news_file/file/thumbnail_student_1.png 1

大学卒業後に自分が就きたい仕事・キャリアの方向性が「決まっていない」学生が約6割。
方向性を定められない理由は「これだというものに出会えていないから」「やり方が分からないから」が上位に


大学1・2年生に、卒業後に自分が就きたい仕事・キャリアの方向性について聞いたところ、「決まっていない(全く+どちらかといえば)」学生が59.5%で、前回調査の57.1%と比べて2.4ptの微増となった。

理由は「これだというものに出会えていないから」が47.5%で最多、次いで「やり方が分からないから」で32.2%となった。また、キャリアの方向性が決まっていない学生は、決まっている学生と比較して、自分の特技や強み、適性について把握していない割合が18.5pt高く、「分からない(全く+どちらかというと)」という回答が52.8%で半数を超えた。

大学1、2年生の74.2%が、将来「お金に対する不安」があると回答。
将来について学びたいテーマも「お金について」が最多


将来について不安に感じていることを聞いたところ、74.2%が「お金に対する不安」と回答し、将来もっとも不安なことを一つ選んでもらった結果も「お金に対する不安(34.5%)」が最も多かった。

不安を解消するために現在実施していることは「アルバイト(69.2%)」「ポイ活(64.4%)」「貯蓄(61.8%)」が上位となり、将来に関することで現在学んでみたいことも、「お金について(66.7%)」が最多となった。現在の大学1・2年生は将来に対して金銭的な不安が大きく、不安に対する備えとしてアルバイトやポイント活動など、学生のうちから取り組みやすいことを実践していることが分かる。
    
調査名 マイナビ 大学生低学年のキャリア意識調査(26・27年卒対象)
調査期間 2023年12月15日~12月21日
調査対象 18歳~20歳の大学1、2年生(アンケートモニター提供元:GMOリサーチ株式会社)
調査方法 WEBフォームにて回答
有効回答数 1,022名

学生の属性データ<文理男女別>

有効回答数内訳 文系男子 文系女子 理系男子 理系女子 総計
人数 193 342 156 331 1,022
本リリースに関するお問合せ
株式会社マイナビ 社長室 広報部
TEL:03-6267-4155
Email:koho@mynavi.jp
本調査に関するお問合せ
株式会社マイナビ 社長室 HRリサーチ統括部
メールアドレス:myrm@mynavi.jp
  • Organization 株式会社マイナビ 社長室 HRリサーチ統括部

    株式会社マイナビ 社長室 HRリサーチ統括部

    雇用や労働に関連する様々な調査データやレポートを通じて、雇用の在り方や個人のキャリアを考える上で役立つ情報を発信します。

  • 調査・データ 更新日:2024/01/16
  • いま注目のテーマ

RECOMMENDED

  • ログイン

    ログインすると、採用に便利な資料をご覧いただけます。

    ログイン
  • 新規会員登録

    会員登録がまだの方はこちら。

    新規会員登録

関連記事