調査・データのご紹介です。

マイナビ採用・研修担当者のための新卒採用支援情報サイト】

マイナビ 2021年卒 大学生 活動実態調査(4月)

マイナビ 2021年卒 大学生 活動実態調査(4月)

株式会社マイナビ(本社:東京都千代田区、代表取締役社長:中川信行)は、2021年3月卒業予定の全国の大学生、大学院生(9,478名)を対象に、「マイナビ 2021年卒大学生活動実態調査(4月)」の結果を発表しました。概要は以下の通りです。

TOPICS

2021年卒大学生・大学院生の4月末時点の内々定率は35.2%(前年同月比4.1pt減)、内々定保有者の平均内々定保有社数は1.5社(前年同月比0.1pt減)と前年を下回る結果になった。企業の広報活動タイミングの3月1日、3月末時点の内々定率・平均内々定保有者数は前年を上回っていたが、4月末時点では鈍化している。【図1、2】

就職活動を継続する学生の割合は、前年同月比0.6pt減の87.4 %(未内々定者:64.8%+内々定を保有したまま活動を継続する学生:22.6%)だった。現在最も注力して行っている活動について、「面接」と答えた割合は 49.7 %で前年同月より5.2pt 減少した。一方、「エントリーシート提出」は 24.8 %と前年同月比より9.3pt増加しており、新型コロナウイルスの感染拡大が就職活動の進行に影響しているようだ。【図3、4】

 

 

新型コロナウイルス感染拡大抑止のために、WEBを使った会社説明会や面接が増えていることから、オンラインで就職活動を行う際の自宅の通信環境について聞いたところ、「通信容量制限がある」と回答した学生は33.1%だった。オンライン上の選考活動により、通信環境という新たな課題が浮かび上がった。【図5】

現在、学生が就職活動を進めるうえで最も不安に思っていることは、「景気動向が不透明なため、企業の採用活動が縮小するのではないか(56.5%)」。4月に実施した「マイナビ<緊急>2021年卒企業新卒採用予定調査」で、『新型コロナウイルス感染拡大の影響で、2021 年卒新卒採用予定数を変更するかどうか』を聞いたところ、「当初の予定通り」との回答が8割を超え最も多く、企業の採用予定数に大きな減少傾向が見られないことから、学生は過度な不安を感じることなく、落ち着いて情報収集を進めて就職活動をおこなうことが重要であるといえる。【図6】

調査概要

調査名 マイナビ 2021年卒 大学生 活動実態調査(4月)
実施期間 3月調査:2020年4月24日(金) ~4月30日(木)
調査方法 マイナビ2021の会員に対するWEBアンケート
調査対象 2021年3月卒業見込みの全国の大学生、大学院生

学生の属性データ<文理男女別>

  3月 4月 5月 6月 7月 8月
文系男子 1,017 1,763
文系女子 2,587 4,296
理系男子 941 1,675
理系女子 1,098 1,744
総計 5,643 9,478

学生の属性データ<理系 学部・院生別>

  3月 4月 5月 6月 7月 8月
院生 586 1,123
学部 1,453 2,296
総計 2,039 3,419

学生の属性データ<現住所地域別>

  3月 4月 5月 6月 7月 8月
北海道 175 287
東北 271 422
関東 2,106 3,777
甲信越 144 256
東海 714 1,132
北陸 129 258
関西 1,203 1,970
中国 301 484
四国 127 183
九州 473 709
総計 5,643 9,478

お問合せ

本調査に関するお問合せ
株式会社マイナビ 社長室 HRリサーチ部
メールアドレス:myrm@mynavi.jp