調査・データのご紹介です。

マイナビ採用・研修担当者のための新卒採用支援情報サイト】

マイナビ 2022年卒 大学生インターンシップ・就職活動準備実態調査(7月)

マイナビ 2022年卒 大学生インターンシップ・就職活動準備実態調査(7月)

株式会社マイナビ(本社:東京都千代田区、代表取締役社長:中川信行)は、2022年3月卒業予定の全国の大学生、大学院生(5,015名)を対象に、「マイナビ 2022年卒大学生 インターンシップ・就職活動準備実態調査(7月)」の結果を発表しました。

TOPICS

◆ 7月にインターンシップに応募したことがある学生は85.9%、参加したことがある学生は24.7%

7月にインターンシップに応募したことがある学生は85.9%と前月より6.3pt増加した。また、参加したことがある学生は24.7%と前月より15.6pt増加した(図1、2)。

◆ 7月に参加したインターンシップが「WEBのみ(対面なし)」だった割合は73.9%

7月にインターンシップに参加した学生のうち、参加したインターンシップの形式が「WEBのみ(対面なし)」と回答した割合は73.9%であった。例年、夏のインターンシップは学生の夏季休暇期間である8月が実施・参加のピークだが、WEBのインターンシップでは時間や場所の制約を受けにくいため、7月でも実施・参加がしやすいものになった、と推察される(図3)。

◆WEB開催のインターンシップを通して企業理解・仕事理解ができた割合は95.7%、満足度は90.2%。一方、コミュニケーション上の課題も

7月にWEBのインターンシップに参加した学生に、WEB開催のインターンシップを通して企業や仕事が理解できたかを聞いたところ、「理解できた(49.0%)」、「どちらかというと理解できた(46.7%)」と95.7%が「理解できた」と回答した。また、WEB開催の満足度については「満足できた(42.6%)」、「どちらかというと満足できた(47.6%)」で、合わせると90.2%が「満足できた」と回答した(図4、5)。

WEBのインターンシップに満足した理由として、「企業側の工夫」、「質問のしやすさや丁寧な回答などの配慮」、「感染症の不安のなさ」、「参加のしやすさ」等が挙がった。一方、WEBのインターンシップに不満足であった理由として、「グループディスカッションなどでコミュニケーションが取りにくい」、「質問がしにくい」、「社員や職場の雰囲気がわからない」等が挙がった。WEBのインターンシップを開催する際には、対面で行うインターンシップ以上に特にコミュニケーションの面で細やかな配慮をすることが必要だといえる(図6)。

調査概要

内容 マイナビ 2022年卒 大学生インターンシップ・就職活動準備実態調査(7月)
調査期間 2020年7月20日~7月31日
調査対象 マイナビ2022会員のうち「2022年春」に卒業予定の大学生・大学院生
調査方法 マイナビ2022会員にメール告知・WEBフォームにて回答
有効回答数 5,015名

学生の属性データ<文理男女別>

有効回答数内訳 文系男子 文系女子 理系男子 理系女子 総計
人数 840 2592 660 923 5,015

学生の属性データ<理系系統別>

内訳 機電系 情報系 土木・建築系 化学系 薬学系 その他理系 総計
人数 219 222 169 226 164 583 1,583

学生の属性データ<現住所エリア別>

内訳 北海道 東北 関東 甲信越 東海 北陸 関西 中国 四国 九州 総計
人数 98 195 1,888 97 701 114 1,231 221 72 346 4,963

お問合せ

本調査に関するお問合せ
株式会社マイナビ 社長室 HRリサーチ部
メールアドレス:myrm@mynavi.jp