採用ノウハウに関する新卒採用コラム・記事のご紹介です。

マイナビ 採用ノウハウに関する新卒採用コラム・記事のご紹介です。

マイナビ採用・研修担当者のための新卒採用支援情報サイト】

新卒採用でも職種別採用を導入しよう

新卒採用時の面談のポイントと面接との違い

近年、新卒採用において職種別採用を導入する企業が増えつつあります。
これまでもキャリアを重視する中途採用では、職種別採用を行う企業は珍しくありませんでした。
一方、ポテンシャルを重視する新卒採用ではあらかじめ入社する社員の職種を決めず「総合職」として採用するのが一般的で、職種別採用を行うケースは稀でした。

ではなぜ今、新卒採用においても職種別採用が広まっているのでしょうか。ここでは、その背景を踏まえ、職種別採用のメリットについて紹介していきます。

職種別採用の導入が増えた背景

インターネットの発展により、就職活動においても学生が入手できる情報量は飛躍的に増加しました。
採用活動を行う企業の情報発信も増えており、経営層だけではなく入社して2〜3年の「先輩社員」によるインタビューも、スマートフォンから気軽に読めるようになりました。
こうしたことから、企業のイメージや業種だけでなく、実際の業務内容や職種に興味を持ち、それを志望動機とする学生も増えています。

一方、従来のような総合職採用では、学生の希望する部署に必ず配属されるとは限りません。総合職での新卒採用では、様々な部署で業務を経験する「ジョブローテーション」という考え方を基本としているためです。

そのため、学生の入社後にミスマッチが生じ、早期退職につながってしまうケースも少なくありませんでした。生産労働人口が減少傾向にあり、社員の確保がますます困難になると予測されるなか、このような離職は企業にとっても乗り越えるべき課題の1つとなっています。

そして、こうした課題を解消する方法として注目されているのが職種別採用です。

職種別採用とは、事務系であれば「営業・マーケティング・人事・法務…」、技術系であれば「開発・情報システム・品質管理…」といったように職種ごとに求人・採用することを指します。こ前述したような企業と学生間のミスマッチが生じることがないため、早期退職のリスクを減らすことにもつながります。

職種別採用のメリットとは

職種別採用には、入社後のミスマッチを未然に防ぐという効果はもちろん、採用活動期間中においてもメリットがあります。

最近では企業研究の際に業種ではなく職種で企業を絞り込む学生が少なくありません。職種別採用の情報を積極的に発信することで、そうした学生に自社を認知してもらうきっかけとなるでしょう。

同時に、学生の持つイメージに囚われない採用活動が行える点も、職種別採用の魅力の1つです。

たとえば、食品メーカーには商品開発や生産、品質管理といったイメージが強いものの、製造設備の設計・管理などの業務が発生することから、実際には機械系学生も高いニーズがあります。
また、営業のイメージが強い金融系の企業では、思うようにエンジニア採用が進まないようなケースもあります。

職種別採用ではこうした職種にもスポットを当てつつ、効率的に採用活動を進めることができます。

学生時代の専門分野を生かすことにもつながる

「学生時代に学んだことは、社会人では生かせない」このような表現も、国内企業に職種別採用が浸透していけば過去のものになるかもしれません。

企業が職種別採用を導入することで、学生にとってはそれまで学習してきた分野を即実践できる可能性が高まります。入社後に自身の専門性をキャリアに生かすことができると意識することで、学生として学ぶことに集中できる環境も生まれるでしょう。

そして、企業にとっても高い専門性を持つ学生を受け入れることで、分野によっては中途採用と同様に即戦力となるような人材を獲得できる可能性もあるでしょう。また、即戦力ではなくとも、学生がその分野における業務の基礎となる知識を有していることで、教育コストの削減につながるはずです。

職種別採用を導入する際に気を付けること

前述のとおり、職種別採用には学生の専門性を生かすことができる一方で、採用時にはその専門性の見極めが不可欠です。そのため、総合職での新卒採用と同様の進め方では、失敗につながる可能性が高いでしょう。そこで職種別採用では、特に次のような点に注意しつつ進めていくことが重要です。

・採用広報

媒体や自社サイト、パンフレットの募集など、採用メディアの募集要項に職種別採用の項目を設け、「職種別採用を行っている」ことを学生にPRしましょう。このことで、より多くの学生と接点を持てる可能性が高まります。

・説明会の内容

説明会では、企業概要に関する説明だけでなく、より細かく職種の業務内容について言及するようしましょう。職種ごとに日程や会場を分けて説明会を開催する方法も効果的です。

・採用基準

入社後の配属先が予め決まっている職種別採用の場合、該当職種の担当者に採用基準についてヒアリングを行っておきましょう。これにより、入社後のミスマッチを未然に防止することにつながります。

・選考フロー

採用基準についてヒアリングを行うだけでなく、面接官としてアサインするなど、該当職種の担当者を積極的に巻き込んできましょう。職種によっては、ワークショップなど学生のスキルが図れる選考方法を整備しておくことも重要です。

職種別採用を成功させるためには、以上のような内容を募集する職種ごとに行うことが大切です。

まとめ

ここまで職種別採用について国内で浸透しつつあると紹介してきましたが、国内企業全体で見ると、まだジョブローテーションを基本とした総合職での新卒採用が一般的です。

そのため、まさに今から職種別採用を導入することで、採用面で他社との差別化ができます。また、職種別採用で「やりたいことが、すぐに実現できる」と学生に明示することは、志望度のアップにもつながるでしょう。

「他社と違った新卒採用を打ち出せないか」と考えている人事担当者の方は、職種別採用を一度検討してみてはいかがでしょうか。