採用ノウハウに関する新卒採用コラム・記事のご紹介です。

マイナビ 採用ノウハウに関する新卒採用コラム・記事のご紹介です。

マイナビ採用・研修担当者のための新卒採用支援情報サイト】

新卒採用に活用したいWEBセミナー

新卒採用の説明会で使うプレゼン資料のポイント

コロナ禍で会社説明会を開催するために「WEBセミナー」がよく使われています。企業の各種感染症への対策に加え、学生は会場への移動時間やそれにかかる交通費が不要となります。会社説明会に学生が参加しやすくなることは双方にとってメリットがあります。

一方、これまでWEBセミナーを開催したことがない企業には、そのメリットについて懐疑的な方もいらっしゃるかもしれません。そこでこの記事ではWEBセミナーの概要や実施形式について解説するとともに、メリット・デメリットについても簡単にご紹介します。

WEBセミナーとは

WEBセミナーとは、オンラインで開催する会社説明会のことを指します。会社説明会に限らず、講演会や懇談会、研修といった用途で活用されるケースもあります。WEBセミナーはオンラインセミナーやウェビナーとよばれることもありますが、大きな違いはありません。

WEBセミナーを開催する場合、セキュリティや安定した視聴環境のためにも専用のツールを活用することがおすすめです。

企業の採用においてWEBセミナーという用語が使われる場合は、オンラインで開催する企業説明会を指すことが多く、「オンラインセミナー」「オンライン説明会」とよばれるケースもあります。

WEBセミナーの実施方式

WEBセミナーは、企業の意向によってさまざまな方法で実施されます。リアルタイムで配信するだけでなく、あらかじめ録画しておいたデータを配信することもできます。リアルタイム配信をおこなう場合、開催中にアンケートを実施したり、質問を受け付けたりすることもできるため、参加者の声をその場でセミナーに反映していくことが可能です。

また、最近ではツールを活用して座談会を中継したり、専用に制作した会社説明動画を配信するなどWEBセミナーを行う企業は増えつつあります。

なお、説明会の投影資料を事前配布したい場合には、PDF形式にしておいてあらかじめサイト内にアップロードすることで、参加者にオンライン配布するといった対応も可能です。

配信は就職情報サイト内での公開が一般的

pcイラスト

最近では、セミナーを配信するための様々なツールが登場しています。一方で、採用活動の一環としてWEBセミナーを開催する場合には、就職情報サイト内で公開・配信することが一般的です。

企業情報などが掲載された就職情報サイトで配信することにより、視聴への導線がスムーズになり、学生がWEBセミナーを受講せずに離脱してしまうことを未然に防ぐことにつながるためです。

また、就職情報サイトの配信ツールは採用に特化しているため、企業側・学生側双方の利便性が高いものが多いことも特徴です。たとえば、WEBセミナー中に登壇者から投げかけた質問に対し学生がチャットで回答をするなどやりとりをしつつ開催できるものもあります。

WEBセミナーのメリット

WEBセミナーの最大の特徴は「どこからでも参加できる」ことです。これにより、学生は離れた会場まで足を運ぶ手間がなく、交通費や移動時間もかかりません。そのため、より気軽に会社説明会に参加できるようになります。

企業側からみても、会場へ足を運ぶことが難しい学生も参加してもらうことができるため、採用の母集団をより大きく形成できるというメリットがあります。また、録画をしてアーカイブしておけば繰り返し活用でき、参加人数に応じて会場を確保する必要がなくなるなど、採用担当者の業務効率化にもつながるでしょう。

会社説明会の運営上のメリットもあります。会場に多くの学生を集める場合、会場の規模や環境によっては話を聞きづらい、映し出された資料が見づらいなどのシステム障害が発生する可能性もあります。一方、WEBセミナーなら、学生が自ら音量を調整したり、ディスプレイ上で資料を確認したりできるので、当日のシステム障害対応の手間も減ります。またアーカイブで聞き漏らした情報を取得することもできます。

さらに、チャットのようなリアルタイムのコミュニケーションがとれるツールであれば、その場で気軽に質問を受け付けることも可能です。学生は気軽に質問できるようになります。また、会社説明会を録画してアーカイブすることで、企業側はいつでも配信できるようになり、学生側は都合の良い時間に閲覧できるようになるといったメリットもあります。

WEBセミナーのデメリット

一方で、WEBセミナー自体にもデメリットがないわけではありません。

たとえば、企業からは参加者の反応が見えづらい点。話し手はカメラに向かって話をするため、従来の会社説明会のように反応に応じて話を変えたりすることができず、進行しづらさを感じる方もいるかもしれません。

こうした課題に対応するためには、通常のセミナーを録画しておきWEBセミナーで流したり、内容によって人選を見直したりといったPDCAを回すことが重要です。

また、聞き手となる学生が必ずしも集中しているとは限りません。そのため、リアルで行う会社説明会と比較して、学生の心を動かしづらい可能性があります。なかには、視聴ページを開いたまま実際にはほかの作業を行っているケースも考えられます。

こうした対策としては、事前に受講アンケートを取ることを案内したり、学生の興味を引きつけやすいようクイズ形式のプレゼンにするなど企業側の工夫も必要です。開催時間もあまり長くならないよう、できれば1時間以内にまとめることが望ましいです。

なお、録画ではなくリアルタイム配信の場合、配信環境にも注意が必要です。撮影機材やWEBセミナーツールを導入する費用はもちろん、それらを活用するノウハウがない場合には、習熟するためのコストも考慮しておきましょう。

最近では自宅にPCを持たない学生も少なくないため、スマホでもストレスなく視聴できるツールを選ぶことも重要です。

まとめ

まとめイラスト

このように現状では、WEBセミナーを導入するハードルは低いとはいえず、デメリットについても十分考慮しておく必要があります。一方、導入することで「オンライン化に積極的だ」というように学生から先進性のある企業だという印象を与えられる可能性があり、他社との差別化にもつなげることができます。

また、メリットの大きさからも今後ますますWEBセミナー化は進むと考えられるため、未導入企業の採用担当の方も今後の動向を注視しておく必要がありそうです。