マイナビ 企業動向に関する新卒採用コラム・記事のご紹介です。

03-6267-4577 企業様専用 : 受付時間 平日10時~17時

マイナビ採用・研修担当者のための新卒採用支援情報サイト】

03-6267-4577 企業様専用 : 受付時間 平日10時~17時

ゴールデンウィークの採用活動について

2019年のゴールデンウィークは曜日の巡りがよいこと、5月1日が本年限りの祝日であることによって、4月27日~5月6日まで、10連休となっています。
採用活動が始まって2ヶ月弱、人手不足感が強く採用意欲の高い本年ですが、ゴールデンウィーク(以降GW)中の採用活動については、各企業どのような予定でいるのでしょうか。

企業向けに行った調査では、2020年卒向けの採用説明会・選考会を本年のGWに実施する企業の割合は、12.5%でした。(調査期間 2月13日~3月6日 回答数1,192社)
「これから検討する予定(まだ検討していない)」は19.1%となっているため、
調査時点では、68.4%の企業がGWには積極的な採用活動(セミナーや面接)を行う予定がないということです。もちろん、エントリーの受付やセミナーの予約受付等のパッシブ(受身)な活動については、今回定義する「採用活動」に含みませんので実施の可能性はあります。

では、業種によって違いはあるのでしょうか。

調査で利用する大業種分類にてデータを集計し直してみると、「実施する予定」の割合が他業種よりも高いのは「小売」「サービス・インフラ」でした。
特に小売業は、3社に1社程度は採用活動を行う予定があると回答しています。

上記2つの業種には

企業の休日カレンダーが、一般的なカレンダー通りでない(GWは休みでない)

という共通点があるように思います。

近年の「働き方改革」は全国に浸透しつつあり、学生も仕事とプライベートのメリハリをつけた働き方に対してプラスのイメージを持つようになっています。そのため、企業が休日である場合、そのタイミングで採用活動を積極的に行うということは「採用担当が休日出勤している」ということが学生に伝わることにもなるので、日程的に可能であっても、あえて企業イメージのために実施しない、という企業も少なくないのではと考えます。

反対に、休日がカレンダーとは異なる企業や業種においては、面接や採用セミナーのコンテンツとして、場合によっては繁忙期の店舗や施設を実際に見てもらうことや、社会を支えている、という仕事の意義を感じてもらうことができる有用な機会かもしれません。

このように、業種や企業によって、現時点での採用活動実施予定は異なる様子が見られますが、GWについては、「入る前」「終了後すぐ」の対応準備が特に重要ではないかと考えます。

GW前については、例えば以下のような準備が必要になるかと思います。

  • 諸々の締め切り設定(エントリー、ES、その他提出物)
  • 期間中の学生対応(問い合わせはいつまで受け付けるか?)
  • ナビ画面の表示設定や受付設定 についてなど

上記以外に、GW明けの学生へのアプローチ方法も事前に考えておいた方がいいでしょう。WEBでのハイブリッドメールもよいでしょうし、ハガキや郵送物でのアプローチを考えていらっしゃる企業様もあるかもしれません。長い連休ですので、地元に戻る学生も一定数いるでしょうから(特に、電車移動できるレベルの一人暮らし学生など)、このタイミングでUターン就職希望の学生にアプローチを考えることもできるのではないでしょうか。ちょうど新入社員も入ってくる時期ですし、若手社員に、彼らが大学生だった時の行動を聞いたりしながら、学生の行動に沿ったアピール方法をご検討いただくとよいかと思います。

GW明けには、学生対応が主な活動となるはずです。
対応する学生は、大きく分ければ3タイプに分けられます。

  1. 選考途中組(すでに選考中)
  2. 未選考組(エントリーやセミナー参加のみ)
  3. これからリーチ組(これからエントリーを受け付ける)

上記の1.2.については、すでに何らかの接触や関係性はできているものの、GW中に面接等を行わない場合には、少なくとも10日は接触が途絶えている状態になりますので、自社への興味や就労意欲のリテンション施策が必要になります。特に2.は1.よりも直接接触が少ないので、離脱リスクが高くなる可能性があります。
リテンション施策のほかに、5月以降のスケジュールがあれば、事前に学生がスケジューリングしやすい情報を公開するのも一手です。

■学生がスケジューリングしやすい情報の出し方例■
  ・面接予約は5月7日10時から受け付けます!
  ・次のセミナー実施日は●日です、予約は受付中です(リンク)

3.については、まだ見ぬ応募者となるので、1.2.を優先して、手が回らない可能性もありますが、考え方によっては、一番短い期間で採用できる学生です。
最短で6月のはじめに内々定を出すとすれば、3週間程度の短い期間になりますので、
あらかじめ、採用のフローや提供情報等をコンパクトにまとめ、短期間での採用選考に対応できる態勢を作っておくことが必要になるでしょう。

特に、3.は3月から活動を継続し、新たに応募してくる学生だけでなく、このタイミングから就職活動を始める学生もいます。情報提供は1.2.よりも細やかに、学生の個々の状況に応じて丁寧に対応する必要があります。

採用意欲は本年も、全体的に高いままであることが予想されますので、
採用予定数を充足させるためにも、応募者を増やし続けるために学生の動きを反映した施策を打っていただくことが重要になりそうです。

<最後に>

本年、GWについては積極的な採用活動を行わない企業が多いですが、
GW明けに一斉に再始動することを考えると、
事前の準備や対応フローを組んでいただくことが、本年の採用活動の中で特に大切なポイントになると予想されます。
学生の動向については、別途調査を行う予定ですので、調査リリース等でご共有できればと思います。
今回のコラムは以上です。皆様の採用活動の一助となれば幸いです。

                             HRリサーチ2課 小林 裕貴