Facebook更新中 mixiつぶやく

 

新卒採用人事担当者のための採用支援サイト
マイナビ採用サポネット
TEL03-6267-4577

2017年卒
マイナビ学生就職モニター調査 8月の活動状況

2016.09.08

新卒学生向け就職サイト「マイナビ」の運営をはじめ、各種就職・転職情報サービスを行う株式会社マイナビ(本社:東京都千代田区、代表取締役社長:中川信行)は、2017年卒の大学生・大学院生を対象に、2016年3月から2016年8月まで「マイナビ学生就職モニター調査」を実施致します。月ごとの学生の活動状況や活動量、心境についての定点調査と、発表回毎に異なった追加調査の結果を2016年4月から2016年9月まで毎月発表。今回は「2017年卒マイナビ学生就職モニター調査8月の活動状況」の調査結果を発表致します。なお、2017年卒の学生就職モニター調査は今回が最終となります。

~活動終了学生の85.6%が自身の就職活動に「満足している」と回答~

2017年卒学生の内定率は、8割近くまで上昇し(2017年卒マイナビ大学生就職内定率調査8月)、モニター学生の活動も収束に向かっている。就職活動を終えた学生と、調査時点で活動を継続している学生に分けて行動量や満足度を比較すると、活動終了学生のほうが個別企業セミナー以降の参加社数が多く、活動に対する満足度も高い。また、入社予定先企業を決めた学生に対して、決めたときに保有していた内々定の社数を尋ねたところ、2人に1人が複数社の内々定を保有していたと回答した。内々定辞退に関しても、内々定保有学生の過半数が経験していた。

<調査結果の概要>
■入社予定先企業決定済学生の3人に2人が内々定承諾書を提出した経験がある
これまでに内々定承諾書を提出したことのある学生は、入社予定先企業を決めている学生の3分の2程度であった。内々定承諾書については、過半数の学生が「提出しても後で断れる書類」と捉えていると回答した。また、内々定辞退の経験がある学生は、内々定保有学生のおよそ半分で、割合は理系男子が最も低い。
■企業情報を見る上で過半数の学生が注目する情報は「給与・福利厚生」「仕事内容」「事業内容」
企業を見る上で注目した情報を複数回答で選んでもらったところ、過半数の学生から選択された項目は「給与・福利厚生」「仕事内容」「事業内容」の3項目であった。2月以前に就職情報サイトを、インターンシップに応募するために利用した学生に、インターンシップに応募した際の企業選択基準を3つまで選択してもらったところ、「都合の合う日程だったから」「興味のある業種だったから」が半数近くから選ばれた。
■文系女子の6割が「就職活動中」にやりたい仕事を見つけている
「やりたい仕事が見つかったタイミング」と「やりたい仕事が見つかったきっかけ」を聞いたところ、タイミングについて「就職活動前」と回答した割合が高いのは理系学生であった。「就職活動中」と回答した割合が高かったのは、文系女子(63.0%)だった。やりたい仕事が見つかったきっかけは、「面接・選考を通して」が最も高く、「企業の会社説明会に参加して」「自己分析の結果」が続いた。
■自分たちの就職活動を漢字1文字で表すと、文系は「苦」、理系は「楽」がそれぞれ1位
今年の就職活動を表す漢字は、14年卒(2013年)から4年連続で「楽」が1位となった。2位以降には「苦」「疲」「耐」と、例年ランキングに入る漢字が続くが、「運」が14年卒から3年ぶり、「知」が13年卒から4年ぶりのランクインを果たした。前年のベスト10からランク外となったのは、「長」「早」「辛」の3文字だった。また、文系の1位は男女とも「苦」、理系の1位は男女とも「楽」で、文理で差があることが分かる。特に理系男子は、他の分類ではランク外の「早」が3位に入り、特にスピード感のある就職活動であったことがうかがえる。


調査概要

調査名 2017年卒マイナビ学生就職モニター調査 8月の活動状況
調査目的 就職活動状況の定点調査
実施期間 2016年8月26日~2016年8月30日まで
調査方法 Web上のアンケートフォームより入力
調査対象 2017年卒業予定の全国大学4年生及び院2年生
有効回答数 1,077名
学生の属性データ<文理男女別>
文理男女別 モニター登録数 回答数 有効回答率
文系男子 1,093 154 14.1%
理系男子 1,200 326 27.2%
文系女子 1,111 262 23.6%
理系女子 1,197 335 28.0%
総計 4,601 1,077 23.4%
学生の属性データ<理系:属性別>
  理系 モニター登録数 回答数 有効回答率
学部 理系:機電系 243 44 18.1%
理系:情報系 272 63 23.2%
理系:土木・建築系 178 28 15.7%
理系:化学系 203 26 12.8%
理系:薬学系 175 46 26.3%
理系:その他理系 519 105 20.2%
理系:機電系 168 74 44.0%
理系:情報系 76 39 51.3%
理系:土木・建築系 35 19 54.3%
理系:化学系 198 80 40.4%
理系:薬学系 45 18 40.0%
理系:その他理系 285 119 41.8%
学生の属性データ<エリア別>
エリア別 モニター登録数 回答数 有効回答率
関東地区 1,841 404 21.9%
東海地区 468 111 23.7%
関西地区 976 255 26.1%
上記以外のエリア 1,316 307 23.3%

※先の熊本県・大分県を中心とした地震災害の影響を鑑み、今回調査については登録現住所が「熊本県」「大分県」の学生には、回答をご了承いただいた方にのみ調査依頼をいたしました。モニター登録数及び集計についてはこれを踏まえた数値にて掲載いたします。ご理解の程お願い申し上げます。
■□本調査に関するお問合せ□■
株式会社マイナビ 社長室 HRリサーチ部 TEL:03(6267)4571/E-mail: hrrc@mynavi.jp

バックナンバー 学生就職モニター調査 (PDFデータ

■2017年卒 2016年7月 2016年6月 2016年5月 2016年4月 2016年3月        
HOME > 学生アンケート > 学生就職モニター調査